水道のトラブルにどんな修理が必要なのか知っておきたいこと

水道のトラブルにどんな修理が必要なのか知っておきたいこと 水道のトラブルは突然起こります。ほとんどの方は予備知識がないのであわててしまいますし、何をどうしたらいいのかパニックになるでしょう。いざという時に役立つ水のトラブルの豆知識は知っておいて損はありません。自分で対処できる程度なのか、それとも専門の業者に修理をお願いしなければいけない状況なのか、急なトラブルの時にも、あわてず判断することが大切です。

■水道のトラブルはよくある話

もともと頑丈に出来ているものですから、頻繁に修理が必要になることはありません。そのことが水道のトラブルに対する意識を甘くさせてしまうのかもしれませんが、この機会に水道のトラブルにはどんなものがあるのか、タイプ別の対策を覚えておきましょう。
水回りは私たちの生活に欠かせないところです。キッチン、洗面所、お風呂、トイレなど水漏れで専門業者に相談する方も多いのが現状です。水道のトラブルのタイプによっては自分で対応できることもありますが、これまで一度も直したことがなかったり、修理に関する予備知識がない場合は、水がどこから漏れているのかが分かっても対応できないことがあります。素人ですから当たり前ですし、そのときほとんどの方は焦ってしまうでしょう。冷静に判断できない状況だからこそ、迅速に専門業者に依頼することは有効な手段の一つです。

■もしも水道が詰まってしまったときの対策
水漏れのトラブルの原因が、何か詰まっていることによるのだとしたら、もしかしたら自分で修理ができるかもしれません。水回りは比較的頑丈にできていると言っても、長い間使われていれば老朽化してきます。特に常時水に濡れることで劣化が早くなるため、家の中のほかの場所より修理が必要になる頻度が多い場所です。
何かが詰まっているのなら、詰まっている原因を探っていく必要がありますが、見ても分からないようであれば無理に自力で修理をする必要はありません。詰まっているぐらいで修理を依頼するなんてお金がもったいないと考えずに、プロの修理屋さんに依頼しましょう。詰まっているものや場所が分かったのであれば、修理に必要な部品や用具を準備してつまりを直すことも可能ですが、何かが詰まっているのだから棒か何かで詰まりの原因となっているものが取れるだろうと安易に考えるのはやめましょう。むしろ状況を悪化させてしまう可能性もあるからです。

■応急処置を覚えておくといい

さっきまで普通に使っていたのに、いきなり水道のトラブルに見舞われるとなると、多くの方は慌ててしまいます。だからといってそのまま放置しておくわけにはいかないので、とりあえず応急処置が必要になります。ジワジワとにじむように水が漏れているならそれほど緊急性はないものの、ジャージャーと溢れている場合は、修理業者が到着するまでの間、なんとか応急処置をして少しでも水漏れを食い止めることが重要です。迅速な対応をすることによって、状況の悪化を防ぐことができるからです。
その方法を知っているのと知らないのとでは雲泥の差です。水回りのことは素人には分からないことがたくさんあるからこそ、トラブルが起きたときの対処法ぐらいは覚えておくと役に立つでしょう。自分で直そうとして状況を悪化させないように、トラブルのタイプによっては応急処置だけをすませて、そのあとは安心できる専門家に任せるのが安心です。

■まとめ
水道のトラブルは突然やってきますから、もしものときに備えて、応急処置の方法をまとめた張り紙やメモなどを準備しておくことをおすすめします。そのときになってから調べればだいじょうぶと安易に考えていると、状況を目の当たりにして冷静に行動できないことが多いです。例えば冷蔵庫やコルクボードなど目に付くところに張り紙をしておくのもひとつの方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース