水道トラブルが自己解決出来ない場合は修理の専門家へ

水道が詰まってしまったときは、修理業者を呼んで直してもらうことが大前提になりますが、万が一に備えて応急処置を覚えておくと便利です。

■緊急時に覚えておきたい処置法

一般的には専門業者へ連絡を入れますが、その前に応急処置を施すことで、被害を最小限にすることができます。多くは、物やゴミが詰まっていることで詰まってしまったり、パイプの内側にカビなどが発生することでぬめりが生じて、それが原因で水が流れにくくなり溢れてくることもあります。
もしも水道の詰まりの原因が髪の毛などの場合は、市販されている専用の薬液を流し込むことが一つの対処法になります。ワイヤーの先にブラシがついたものでパイプの中をこすると、パイプの内側についたヘドロを落とすこともできます。


■自己解決出来ないときは

薬液を流しても問題が解決しなければ髪の毛が原因ではありませんし、ブラシでこすっても状態が改善しなければ、やはり専門業者に頼るしかありません。ヘドロや髪の毛が原因だったとしても、その量が多ければやはり専門家の力が必要になります。
専門業者には高圧洗浄機のような修理専用のアイテムがそろっているので、素人では手が届かないところもしっかり対処してくれます。



■まとめ
自分で解決出来れば一番いいのですが、そうではないケースもあります。無理に自分で何とかしようとして状況が悪化するのも大変ですから、ある程度自分でやってみて改善しないのであれば、早めに専門業者へ連絡を入れましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ